投資好き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シニア入院保険
白内障で入院保険は必要か

《東京都墨田区のパート女性(65)の場合》
・1年半前に掛け捨ての入院保険に加入。月額は4086円。入院8日以上から1日2000円、通院は1000円、5年満了時に4万円が受け取れる
・白内障を患っているが、今後5年は手術の必要が無く、手術しても1泊2日で退院できる
・解約して貯蓄に充てるべきか、入院1日から保障される保険を探すべきか


日本人の1回当たりの平均入院日数は、38日程度といわれています。脳梗塞(こうそく)など長引くことが多い脳血管疾患の場合で、約100日です。最近、入院日数は短縮される傾向にあり、初期がんの日帰り手術も珍しくありません。

 あなたの保険料の総額は5年間で約24万円ですが、保険期間が満了する3年半の間に130日以上入院しないと、元が取れない計算です。あまり有利な保険とはいえません。

 入院1日当たりで必要となる自己負担額は平均で1万4700円です。しかし、高額療養費制度を利用すれば、一般的な所得の方で1か月当たり10万円前後、70歳以上なら4万4400円以下で済ませることも可能です。これに入院中の食費、個室を希望した場合の差額ベッド代などが実際に支払う金額になります。

 差額ベッド代は日額5千円程度からが多く、入院で最も金額がかさむ部分です。そのため、保険で準備する方も多いようです。

 ただ、ある程度を貯蓄で賄えるならば、必ずしも加入しなくて良いでしょう。心配ならば、日帰り入院から日額5千円の保障が生涯続くタイプの保険が、月7千円程度からあるので、検討しても良いでしょう。高額療養費制度は、市区町村役場で確認してください。(ファイナンシャルプランナー、ベルズ青山代表)

スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://googleresearch.blog76.fc2.com/tb.php/33-3dda06f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。